Macky1991’s blog

ブログを始めて3週間、アドセンスが合格しました!今後ともよろしくお願いいたしますm(__)m

海外ドラマ 「ブレイキング・バッド」 シーズン2 第3話 脱出の代償 あらすじ&ネタバレ

f:id:Macky1991:20190922033130p:plain

(あらすじ)

ハンクはドラッグの取引にウォルターが噛んでいることをあと一息で突き止めようとしていた。ウォルターは大胆な手で目をくらまそうとする。

※ネタバレ注意※

 

「ブレイキング・バッド」とは 

 

www.breakingbad.jp

 

教師と教え子が組んで麻薬を密造する犯罪ドラマ

 

病に追い詰められた教師がジャンキーの教え子と麻薬の密造に勤しむ様を描いた本作は

本国で大好評を博し様々な賞を獲得し今までにシーズン5も製作された人気ドラマである。

2019年10月には本作の続編である映画「エルカミーノ: ブレイキング・バッド」がNetflixで全世界に配信される予定である。

中年の科学者と若者のコンビはどことなく犯罪者版バック・トゥ・ザ・フューチャーにも見えます。

 

前回のあらすじ

 

www.macky1991.jp

 

狂ったトゥコに誘拐されたウォルターとジェシーは人里離れた砂漠の隠れ家に連れ込まれる。

トゥコは麻薬取締局がアジトに踏み込まれたのはウォルターが原因だったと思ってたが

薬物を服用しているトゥコは最終的に部下が犯人だと結論づける。

元麻薬王であるトゥコの叔父は脳卒中により車椅子と意思表示のためのベルが欠かせずトゥコの世話を受けていた。

 

ウォルターの義理の弟であるハンクはトゥコの捜査に取り掛かり始める。

突然姿を消したウォルターのことが心配になったスカイラーは町中に捜索のビラを貼り続ける。

 

ウォルターは薬物に見立てた毒薬をトゥコに飲ませようとするが失敗してしまう。

トゥコの叔父がウォルターの策略を見抜きベルでトゥコに伝えようとすると

トゥコはジェシーを外に連れ出し撃ち殺そうとするが

隙を突かれてしまいジェシーに石で頭を殴られ反撃され腹を撃たれてしまう。

車が近づく音に気づいたウォルターとジェシーは隠れ家から離れ地面に寝そべり様子を伺う。

 

車から降りたのは手掛かりを元にジェシーを探していたハンクだった。

ハンクは負傷しているトゥコを発見するがトゥコが銃器を手にしたために銃撃戦となる。

最終的にハンクはトゥコの頭部を撃ち抜くが

身内にバレてしまう訳にはいかないウォルターはジェシーとその場を後にするのであった。

 

 

   

 

ストーリー

 

トゥコは偶然きたハンクとの銃撃により頭を撃ち抜かれ

ウォルターとジェシーは隠れ家から脱出することに成功する。

このことが家族と警察にバレないようウォルターとジェシーは口裏合わせする。

 

ウォルターはスーパーへ行くとそこで服を全て脱ぎはじめ混乱状態を装う。

保護されたウォルターは病院に連れていかれ脱水症状が原因であると診断され入院する。

ウォルターはうまいことトゥコに誘拐されてた間どこにいたのか記憶がないと医師と家族に話す。

 

ジェシーは家に戻ると地下室の道具などを掃除して

バッジャーのいとこに依頼してキャンピングカーをレッカー移動させる。

モーテルへ売春婦とともに隠れたジェシーはハンク達に逮捕されるが

取調室で数日間売春婦と一緒にいたと嘘の供述する。

警察は取調室でジェシーにトゥコの叔父を連れ込み会わせるが

彼とあったことを供述せずにその場で排泄するだけだった。

 

ウォルターは真夜中に密かに病室を抜け出し

自宅に忍び込み隠している売上金を確認して

病室に戻り入院のふりを続ける。

 

翌朝退院して帰宅したウォルターはベッドでスカイラーから

ウォルターが携帯電話を複数持っていないか疑われる。

それはジェシーとのやり取りに使用しているウォルターのもう一つの携帯電話のことであった。

 

感想

 

 

ウォルターのとった作戦が非常にコミカルですが

公の場で全裸になるのでとても勇気がいりますね。

そこまでして家族に隠さないと本末転倒になるのは分かりますが

医師の診断が誤まれば精神病棟に閉じ込められかねなかったです。

 

せっかくそこまでして隠し通せたのにウォルターのミスで

スカイラーにもう一つの携帯電話を疑われ始めたので近いうちにバレてしまうのでしょうか…

次回も楽しみです。 

次回 

 

www.macky1991.jp

 

www.macky1991.jp